屋根のソーラーパネル

しかし、ひとたび、太陽光発電とリフォームの費用をペイできるかという視点に立ってしまうと10年以上もかかることがほとんどだと思います。

ですが、初期投資にかかるリフォーム費用を持ち合わせているのであれば、これから先に毎月の支出が減り、電力消費量に苦しんでいる世の中に貢献することもでき、経済的にも精神的にも健全に生活していくことができるようになります。
日々を豊かにするためには太陽光発電とオール電化を組み合わせた住宅へのリフォームが一役買ってくれることでしょう。

手でハート

リフォームも近年の流行ですが、その最たるものが太陽光発電の設置と共にオール電化に切り替えるというものです。
初期投資は確かに大きいですが、毎月の光熱費を考えると大幅な削減になります。

数基の太陽光発電パネルを設置するように屋根をリフォームすれば、晴れてさえいれば大抵の家庭で使われている電気は賄えてしまいます。
余剰分は電力会社に売って補填できますので、全体として電気代が大きく削減されます。
これとオール電化が苦味合わさることによって例えばガス代の基本料金分くらいの節約には間違いなくなりますので、毎月の出費が減ることは間違いありません。

壮大な大地と太陽

近年ではオール電化を取り入れるのが流行になっています。
東日本大震災によって電力供給量が危うくなったことから節電という動きと、各家庭での太陽光発電による自家発電を推奨するようになりましたが、オール電化をとめようとする動きはありません。

それほどに便利なのがオール電化なのです。近年ではオール電化を取り入れるのが流行になっています。

木漏れ日

一方で、電力消費量が増えることによる世の中への影響がどれだけでるかは考慮に値します。

太陽光発電を行っていれば良いですが、そうでない限りは電力会社から購入する電力量が増えます。
電力が逼迫している世の中でオール電化に切り替えるようにリフォームしてしまうと、世間様に避難を浴びる可能性があるだけでなく、万一計画停電になったときに水以外のライフラインが途絶えてしまうことになります。
オール電化に切り替えるか否かは今は慎重になった方が良いでしょう。

ひまわり

ところが、先日電気料金の引き上げがあり、今後も引き上げが予測されています。
果たして今、オール電化にリフォームしてしまうのは得策なのでしょうか。

まず、経済的な効果を考えますと、たとえ、ガスや灯油を使っていたころと料金が同じであったとしても、それらの基本料金分だけ安くなります。
太陽光発電を始めればなおさらで、太陽光発電によって得られた電力量分だけ電気代も安くなります。
長い目で見ればリフォームにかかった費用もペイされていくことでしょう。